Thatsit

Designer :
Peter Opsvik
Varier - Norway

ザットシット

Thatsit - ザットシット : デスクにて

 

デスクにて : 上体を正立して膝をつく姿勢は、身体にとって自然な湾曲の状態を生み、呼吸の量を増やし、背骨を形成する椎骨への圧迫を軽減します。

 

Thatsit - ザットシット : リラックス

 

リラックス : 肘を背もたれのウイング部分に置き、寄りかかりくつろげます。

 

listen to

YOUR BODY

体に耳を傾けなさい

 

身体は動くために出来ているにもかかわらず、一日の大半を椅子にじっと座ったまま過ごしていると、体の各部に様々な痛みが生じます。「ザシット」バランスは、必要な際に身体に動きを与えます。正に身体が求めていた椅子といえます。

バリアブルと同様、ザシットでの膝をついた姿勢は、胴体と大腿部の間の角度を広げます。これにより、背骨は自然とカーブし、集中力を発揮しやすい機敏な姿勢作りを促します。

逆に、リラックスしたいときには、背もたれのウイング部分に肘を置くことで休むことができます。そのまま上半身を伸ばし、胸郭を上げ、深く自由に呼吸することが、何よりのリラックスです。

ザシットの座面は奥行きがあるので疲れにくく、長時間のデスクワークにも適しています。膝あての高さを変更することで、子供たちの家での学習椅子としても活躍することでしょう。

thatsit_img_04.jpg

thatsit_img_05.jpg


Thatsit

アッシュナチュラル/布張り

各 ¥198,720 (税込)

木部変更(ブラック) : ¥9,720 (税込)

thatsit_img_06.jpgthatsit_img_07.jpg

About VARIER

「バランスチェア」は1970 年代の終わりに発表されました。

その後、ノルウェーのストッケ社がさまざまな用途にあわせ、健康に良い椅子の開発を進めてきました。2007 年にストッケ社のコレクションのうち、ムーブメント系の椅子「バランスチェア」を専門に製作する会社が設立されました。工場は同じ場所にありますが、社名はヴァリエール社と名付けられました。この言葉は変化を意味し、椅子に座っている間の変化や移動の可能性を意味します。「バランスチェア」は市場に出てから30 年の間に、世界のほとんどの国で知られるようになりました。

varier_dealer_img_01.png

デザイナー

北欧らしい哲学を持ち、家具をつくり続けるノルウェーのストッケ(STOKKE)社。そのストッケ社とともに、多くの家具を生み出してきたデザイナーのピーター・オプスヴィック。人に優しい家具をデザインすることで知られています。

varier_dealer_img_02.png

varier_table_01.png

コンセプトテーブル

ヴァリエール社の新しい展示のコンセプトはコンセプトテーブルにある。

varier_video_01.jpg

ビデオ

実際にバランスチェアに腰かけたときの様子。このムービーはYouTubeでも視聴できます。

このビデオはユーチューブでも見られる。

varier_health_01.png

健康リポート

"Human Instruments(人間のための道具)"と称される画期的な椅子のすべてをご覧いただけます。

勉強中の集中力、強い背、その他沢山の理由がリポートで見られる。

varier_xhibition_01.jpg

展示会

デザイナー、ピーター・オプスヴィックが参加した展示会の様子。