Move

Designer :
Peter Opsvik
Varier - Norway

ムーブ

move_img_01.jpg

 

デスクやテーブルにて : サポートされた立位姿勢が最適な活力と脊椎の調整を促します。

 

 

 

move_img_02.jpg

動き : 何かを取ろうとして身体を伸ばしたり、下を向いたりする場合、ムーブはあなたの動きに追随し、サポートします。

 

 

 

unlimited mobility

CONTROL

動きの自由に限界はありません

 

身体をシートに預けた瞬間から、究極に自由な座り心地を得るでしょう。

キッチンでメールするときも、忙しい朝食時に電話をしながら複数の用件をこなすときも、ムーブは行動を共にし、あなたをサポートします。

360 度の回転が可能という「ムーブ」は、思いのままのポジションをもたらします。座るための道具、立ったときの姿勢をサポートする道具という2 つの側面を持つムーブの特徴として、緩やかな傾斜を持つベースがありますが、ベースに内蔵されたチルト機構により、身体がどの方向へ動いても追随するように工夫されています。馬の鞍を思わせる座面もムーブの重要な要素で、大腿部が垂直に近い状態に、つまりほとんど立っている姿勢になったとしても滑らないように工夫されています。

このことにより、胴体と大腿部の間の角度を大きく取ることができ、深い呼吸が得られ、集中力が高められ、背骨に対する圧迫が和らげられるのです。さらに、常に動いているということは、努力することなく、トレーニングをしているということにもなります。コレクションのすべての椅子の中でも、ムーブほど、あなたの背筋と腹筋にプラスのインパクトを与える椅子はないでしょう。

ムーブはその軽量の構造ゆえに、携帯性が高く、操作も容易になっています。また、滑りやすい床にも対応できるように、円形のベースにはそれを覆うラバーソールを付けることも可能です。つまり、どこに置いも、360度の行動範囲を楽しむことができます。

move_img_04.jpg

 

Move

ビーチナチュラル/布張り

座面高 : 49cm - 68cm

各 ¥69,120 (税込)

黒染色/布張り

各 ¥73,440 (税込)

move_img_05.jpg
move_img_06.jpg
move_img_07.jpg

About VARIER

「バランスチェア」は1970 年代の終わりに発表されました。

その後、ノルウェーのストッケ社がさまざまな用途にあわせ、健康に良い椅子の開発を進めてきました。2007 年にストッケ社のコレクションのうち、ムーブメント系の椅子「バランスチェア」を専門に製作する会社が設立されました。工場は同じ場所にありますが、社名はヴァリエール社と名付けられました。この言葉は変化を意味し、椅子に座っている間の変化や移動の可能性を意味します。「バランスチェア」は市場に出てから30 年の間に、世界のほとんどの国で知られるようになりました。

varier_dealer_img_01.png

デザイナー

北欧らしい哲学を持ち、家具をつくり続けるノルウェーのストッケ(STOKKE)社。そのストッケ社とともに、多くの家具を生み出してきたデザイナーのピーター・オプスヴィック。人に優しい家具をデザインすることで知られています。

varier_dealer_img_02.png

varier_table_01.png

コンセプトテーブル

ヴァリエール社の新しい展示のコンセプトはコンセプトテーブルにある。

varier_video_01.jpg

ビデオ

実際にバランスチェアに腰かけたときの様子。このムービーはYouTubeでも視聴できます。

このビデオはユーチューブでも見られる。

varier_health_01.png

健康リポート

"Human Instruments(人間のための道具)"と称される画期的な椅子のすべてをご覧いただけます。

勉強中の集中力、強い背、その他沢山の理由がリポートで見られる。

varier_xhibition_01.jpg

展示会

デザイナー、ピーター・オプスヴィックが参加した展示会の様子。