Gravity

Designer :
Peter Opsvik
Varier - Norway

グラビティ

gravity_img_01.jpg

 

深い休息と思考 : 頭から首、背中にかけてしっかりとサポートされたまま、後ろに揺らし、足を心臓より高い位置になると、きっとこれまでに経験したことのない浮遊感を味わうことでしょう。

 
 
gravity_img_02.jpg

 

読書、テレビの時間 : 背にもたれかかり、腕や背、首がサポートされることで、緊張が解き放たれていきます。

 

 

gravity_img_03.jpg

 

活力を生むリラクゼーション : 調節可能なネックレスト、バックレストにより、頸部の背骨、背中は完全にサポートされます。

 

 

gravity_img_04.jpg

 

浮遊状態から地面へ : 前方へ静かに揺らすことで、グラビティはゆっくりと着地し、コーヒーを飲んだり、本を取ったりとバランスチェアーとしての機能を発揮します。

 

energy

JUMPSTART

短時間でのエネルギー充電

 

深い休息をとることは、身体に活力を取り戻し、脳を再活性化させるためにも、大変重要です。グラビティとともに、無重力状態を、そして究極の休息を体験してください。

グラビティを限界までリクライニングさせると、足は心臓よりも高い位置にまで上がります。そして呼吸に合わせて静かにロッキングすることで、無重力の感覚を体験することでしょう。体の後部を支え、揺りかごのように揺らせるバックレスト及びネックレストによって、完璧なリラックスが得られます。

 

けれどもグラビティを単なるリクライニングチェアだと思わないでください。友人とコーヒーを飲んでいるときでも、ひとりでテレビの前でリラックスしているときでも、各座位はあらゆる動きをサポートします。前方に傾けば膝をつくことができるし、後ろに傾けば足の裏を床につけることができます。さらに後ろに傾斜すれば両足をレッグクッションに乗せることも可能なのです。

 

gravity_img_06.jpg

gravity_img_07.jpg

 

 

 

 

Gravity

アッシュナチュラル/布張り

各 ¥374,760 (税込)

木部変更(ブラック) : ¥389,880 (税込)

 

 

gravity_img_08.jpg

gravity_img_09.jpg

gravity_img_10.jpggravity_img_11.jpg

About VARIER

「バランスチェア」は1970 年代の終わりに発表されました。

その後、ノルウェーのストッケ社がさまざまな用途にあわせ、健康に良い椅子の開発を進めてきました。2007 年にストッケ社のコレクションのうち、ムーブメント系の椅子「バランスチェア」を専門に製作する会社が設立されました。工場は同じ場所にありますが、社名はヴァリエール社と名付けられました。この言葉は変化を意味し、椅子に座っている間の変化や移動の可能性を意味します。「バランスチェア」は市場に出てから30 年の間に、世界のほとんどの国で知られるようになりました。

varier_dealer_img_01.png

デザイナー

北欧らしい哲学を持ち、家具をつくり続けるノルウェーのストッケ(STOKKE)社。そのストッケ社とともに、多くの家具を生み出してきたデザイナーのピーター・オプスヴィック。人に優しい家具をデザインすることで知られています。

varier_dealer_img_02.png

varier_table_01.png

コンセプトテーブル

ヴァリエール社の新しい展示のコンセプトはコンセプトテーブルにある。

varier_video_01.jpg

ビデオ

実際にバランスチェアに腰かけたときの様子。このムービーはYouTubeでも視聴できます。

このビデオはユーチューブでも見られる。

varier_health_01.png

健康リポート

"Human Instruments(人間のための道具)"と称される画期的な椅子のすべてをご覧いただけます。

勉強中の集中力、強い背、その他沢山の理由がリポートで見られる。

varier_xhibition_01.jpg

展示会

デザイナー、ピーター・オプスヴィックが参加した展示会の様子。