Kevi Chair

Engelbrechts
Design 1958
Denmark

ケビチェア

Kevi Office Chair  2533

座高調節 : 38-51cm
ブナ :ブラック、ホワイト
(ツヤ消しベース)

¥124,200 (税込)

Kevi Chair ブラック 正面





Kevi Chair ブラック 正面Kevi Chair ブラック 正面 背面

Kevi Chair ブラック 背面

Kevi Chair ホワイト 背面

Kevi Chair ホワイト サイド

Kevi Chair ブラック デスクイメージ

kevi_story_01.jpg

デンマーク人の双子のラスムッセン兄弟によりデザインされた「ケビチェア」。1958年に販売が開始されて以来、これまでに約250万脚が製造されるベストセラーとなっています。

 

薄いプライウッドで構成された背と座は、従来のオフィスチェアには見られない軽やかな印象で、1960年代には、ミニマリズムと多機能性という点において、椅子のひとつのスタイルを確立しました。

kevi_story_02.jpg

ケビチェアのために発明されたダブル(二重)キャスターは、その後、世界中のオフィスチェアに採用されるきっかけとなりました。かつてはフリッツ・ハンセン社、現在はエンゲルブレヒト社と、デンマークを代表する家具メーカーで製造され続けていることからも、ケビチェアのクオリティをうかがい知ることができます。

kevi_story_03.jpg

ケビチェアはデザインの進化という点において非常に好例です。1950年代の初期モデルから現在製作されている最終モデルまで、長い時間をかけて改良を重ねています。

kevi_story_04.jpg

当時としては非常にめずらしく、この椅子は座面に750キロのフォルクスワーゲンを載せることができました。いかに頑丈な椅子であるかの何よりの証明です。

kevi_story_05.jpg

ケビチェアのダブル(二重)キャスターは世界中のオフィス家具メーカーに留まらず、DIY(Do It Yourself)ショップでも販売されています。そこにもケビチェアの歴史があります。