royal furniture collection logo

EXCLUSIVE DISTRIBUTOR
日本総販売元 照明・家具
設立:1988年
TEL:03-3593-3801
info@royal-furniture.co.jp
  • メルマガバナー
  • カタログバナー
  • バリエールバナー
  • サンプルセールバナー
TOLIXトップイメージ

フランスを代表する家具デザイナーであり、
家具メーカーのトリックス社の創業者でもあるグザビエ・ポシャールが、
1934年にデザインしたのが「Aチェア」
スチールに亜鉛メッキを施した椅子は、鈍い光沢感、触感などに優れており、
またアウトドアでも使用できるなど機能的でもあります。
(ROYAL FURNITURE COLLECTIONはTOLIXの日本総販売元です。)

  

TOLIX

TOLIXについて バナー

A-CHAIRは発売されるやいなや、商業的に大成功をおさめますが、
その最大の要因は、折りたたんだメタルシートを採用したことにより、軽量化を実現したことでした。
この軽やかな意匠により、パリをはじめとするフランスのカフェなどではよく見かけられます。
21世紀に入っても、世界中からのオーダーが絶えない椅子は、
ニューヨーク近代美術館やポンピドゥーセンターなどにコレクションされています。

トリックス ストーリー

この有名な椅子の創作と歴史に関する書物『Inoxydable Tolix』は2007年に出版されました。フランス語と英語で約150ページにわたり詳しいストーリーが書かれています。

トリックス ストーリー

約80年のその長い歴史の間にAチェアはヴィンテージマーケットにおいて非常に魅力的なコレクターアイテムになっています。写真は最初に製作された椅子のうちのひとつです。

トリックス ストーリー

パリの東南約400kmに位置する工場は1925年の創業以来変わらず同じ場所にあり、トリックス社のトレードマークとなっています。

トリックス ストーリー

パリを歩いているとAチェアはいたるところで見ることができます。レストランで見られるこの椅子の多くは30〜40年前に購入されたものです。

  

XAVIER PAUCHARD(グザビエ・ポシャール)

TOLIXデザイナー

Xavier Pauchard(1880-1948)はフランスでの亜鉛メッキのパイオニアでした。
ブルゴーニュのオートンに本拠を置き、第一次世界大戦の直後、彼は当時、
家庭の快適性を具現化した亜鉛メッキされたシートメタルドームアイテムの生産をしていました。
1927年、TOLIXという商標を登録し、
同時に「椅子、肘掛け椅子、スツールおよび金属製家具の生産」にシフトし、
Xavier Pauchardが考案したさまざまなモデルは、
工場、オフィス、病院だけでなく、屋外、カフェテラス、公共公園などでも見られました。